他社でキャッシングの借り入れ件数が多い場合

キャッシングの際には他社からの借り入れ額が確認されることになっています。
消費者金融の場合は総量規制に触れない額に融資額を調整しなくてはなりませんし、銀行の場合はリスク確認のために必須とされています。
ここで嘘をついたところで信用情報が確認されれば現在の借り入れ額は明らかになるのですから嘘をついても意味は無いのですが、しかし他社からかなりの借り入れをしているとなるとキャッシングの審査も通りづらくなってしまうでしょう。
そうした場合の対策としてはどうすれば良いのかというと、まず最も確実なのは「返せそうな借金を完済する」ということです。
現在の額や件数が問題になっているのならば、最良のお金を借りる方法としては、支払いを減らせば良いというのは最もシンプルかつ効果的な解決策ですから、もし今借りていて、すぐに完済が目指せそうなものがあるのならばそれを完済してから申込をするのがベストです。
ただこれはあくまでも理想的な方法ですから、より現実的な方法としては「債務をまとめる」ことを検討するべきでしょう。
例えばA社から50万円、B社から30万円、C社から10万円と借りていて、「合計件数が2件までなら融資ができる」ということであれば、A社から新たに10万円を借りてC社の分を完済するのです。
A社から60万円、B社から30万円と債務総額は変わっていませんが件数は3件から2件に減っていますから、これで条件をクリアしたことになります。
融資額が大きくなれば金利も低くなりますから、こうした対応は一つの方法として覚えておいてください。


Comments are closed.